お気軽にお問い合わせください。

TEL 0837-26-1352

FAX 0837-26-1818

有限会社大小早川商店

会社概要

 長年に渡り仙崎市場で鮮魚を競り落とし、鮮魚を加工調理する技術を磨き、地元のホテル・旅館・小売店に鮮魚等を納めてきました。1986年に自社工場を建て、翌年法人化した年に「ふぐの宅配」をはじめ、現在では仕入れ、加工・販売まで一貫しており、品質には絶対の自信をもっています。弊社がある「仙崎」は、山口県の北部に位置し、金子みすゞで有名ですが、古くから漁業・水産業で栄えた町で、現在でも仙崎港には多くの魚が揚がり、全国各地へ出荷されています。その鮮魚を原料にした加工品も数多く、特に蒲鉾は全国でも有数の産地です。

 

会社名

有限会社 大小早川商店
ダイコハヤカワショウテン

代表取締役
社長

早川 修

創業

明治中期

設立

1988年7月1日

資本金

500万円

従業員数

8名(ふぐ処理師免許取得者5名・調理師免許取得者2名)

所在

〒759-4106
山口県長門市仙崎1191番地2

電話番号

0837-26-1352

事業内容
  • 仙崎産生鮮魚介類の仲卸
  • 生鮮食料品の加工販売
  • センザキッチン四代目大小の経営
主設備
  • 活魚水槽2基
  • 冷凍庫2基
  • 冷蔵庫2基
  • 恒温高湿冷蔵庫2基
  • 自動包装機1基
  • ふぐ皮すき機1基
  • ふぐ皮切り機1基
  • ふぐスライサー1基
表彰歴
  • 平成 6年 長門市食品衛生協会
  • 平成10年 山口県長門環境保健所
  • 平成15年 (社)山口県食品衛生協会
  • 平成18年 山口県 山口県知事
  • 平成24年 日本食品衛生協会
経営理念
  • 魚を通してお客様のニーズに応えることができる会社
  • 魚を美味しく安全に食べていただく努力をおしまない会社
  • 地元の食文化を大切にする会社

 

アクセス地図

 

会社沿革

日付 内容
明治中期

大津小三郎(初代)が仙崎で鮮魚仲卸を始める。屋号を大小とする。

昭和初期

大津角一(二代目)が店舗を構え小売りを始める。

昭和中期

早川潔(三代目)がフグ刺身の加工販売を手掛け、ホテル・旅館・スーパー等に納める他、築地市場へ出荷。

昭和63年

有限会社大小早川商店を設立。

平成18年

早川修(四代目)がとらふぐ養殖開始。

平成19年

ネット販売開始。

平成21年

自社とらふぐを「仙崎ふぐ」と商標登録。

平成24年

金子みすゞで有名となった仙崎みすゞ通りに売店「‚さかなや大小」開店。 

日本食品衛生協会 食品衛生有料施設受賞 

平成29年

道の駅「センザキッチン」に出店予定。

 

ある日の仙崎魚市場

 毎日午前一時ごろから魚が水揚げされ、どんどん仕分・選別され、並べられていく。仲買人達は並んだ魚をさっと見て歩き、欲しい魚を物色していく。午前二時からセリがはじまり、その間もずっと水揚げされ続け、極めてスムーズに仕分・選別、並べられた魚がセリにかけられていく。そして競り落とされた魚はそのまま荷造され全国各地へと運ばれていく。こういった光景が毎日繰り返される。